東日本大震災

March 22, 2011

欧米かっ!!!

日本人が欧米化されてるなって危機感を覚える瞬間多々・・・。
 
”郵政民営化”大賛成して生み出した小泉内閣。
 
"政権交代"をこぞって支持して招いた民主一人勝ちからの救いようのないこの感じ。
 
心地の良いワンフレーズでの失敗繰り返すの、本当にやめてほしいです。
 
きっと賛否両論あると思うけど・・・
 
プロ野球の開幕問題もこの種の問題じゃないかなと思いますが・・・。
 
どう考えたって、"普通"のコト、出来る範囲で"普通"にしたほうが良いと思うんだけど・・・。
 
野球を仕事にする人が、"野球なんてやってる場合じゃない"。。。
 
。。。
 
は?
 
・・・。
 
めっさぬるいんですけど???
 
コメディアンがお笑いやってる場合ではない
 
歌い手が歌ってる場合ではない
 
酒屋が酒なんて売ってる場合ではない
 
フレンチのシェフがフレンチなんて作ってる場合ではない
 
ってコトですか???
 
セパ同時開催したからってどうなのよ?
 
4/12に状況変わってるの?
 
で、4/12の根拠ってなんなの?
 
どうせなら、一年お休みして、年俸丸ごと返上して、
 
自分のお金でボランティアしてくださいよ・・・。
 
世論もワンフレーズ、当事者もワンフレーズ
 
もちろん、NPBも経営陣もワンフレーズ・・・。
 
ぢゃなくて、
 
経営陣は144試合やりたいなら、
 
被災地、そして関東圏の邪魔にならんようにしてくれ!
 
とりあへず、
 
関東東北電力管内のナイトゲーム(東京Dはデーゲームも含む)はやめて、
 
地方の球場使えばいいじゃない?
 
南から、沖縄、宮崎、愛媛、岡山、長野、新潟、
 
地方は地方でも立派なやつがあるぢゃないか?
 
地方使えばいい!!!
 
または、西日本が本拠地のチームの主催試合優先に組み直せばいいわけだし・・・。
 
そんな一年分、組み直せないというなら、まずは4月でいいぢゃないか?
 
相撲なんて毎日取り組みが発表されるんだから・・・
 
台湾なんて、1チーム1球場ではないからね。
 
日程上ムリならスキップすればいいじゃない?
 
チケットの準備が・・・とか言うなら、
 
開幕を5月にでもずらしてちゃんと準備すればいい・・・。
 
ポストシーズンが12月にずれこむなら、
 
ドーム球場を譲り合えばいい。
 
本来、12月、1月は拘束できないけど、これは有事だから、
 
文句は言わせずで・・・。
 
選手会側も、減った場合の試合数分は返上するなり、
 
チャリティにまわすなりの案を出せばそれなりに理解もできるが・・・。
 
ただやりたくないって・・・。
 
ガキかwww
 
遅らせるなら、遅らせるでちゃんとすべきことして遅らせないと意味ないんぢゃないかな?と思います。 
 
とりあへず、支障のない範囲で普通のことやって下さい。
 
気分がのろうがのらまいが、仕事はプロとして、
 
すべきことをするのが大人だぜ!
 
ま、大人になりきれてないあたくしが言うのもどうかとおもうけど。。。


yoshitakemasaru at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 20, 2011

間違い電話が教えてくれたコト・・・

着信履歴に、身に覚えのない番号にメッセージ・・。

なんだろうと思って聞くと、

全く知らない人だった。

時期も時期だし、ちゃんと留守録きいてみると、

中年女性の声、

「お母さんは大丈夫だよ〜。心配しないでね〜。今、◯◯のところにきたから・・・」

というような内容だった。

きっと、被災された方が、娘さんか息子さんにあてた電話だったんでしょう。

だいぶ時間は経ってたから急いでかけ直して、

間違った番号をお伝えしました。

番号を伝えただけ。

全く震災の話もしてないけど、すごく温もりのある声で、

心から癒されました。

もう二度とお話することはない人だと思うけど、

その人の声が聞けてよかった。

間違い電話にありがとう。。。 心がほっこりしたぞ!!!

愛ってこれだよね!ありがとう!

yoshitakemasaru at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 17, 2011

今、知るべきこと!!!管総理の情けなさ・・・。そして大丈夫だということ

パニックにならなくて大丈夫!!!

from 青山繁晴さん(内閣原子力委員。安全保障専門家)





yoshitakemasaru at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 16, 2011

"天罰"は誰に下るのか?〜批判を承知で〜

『駄菓子屋のおばあちゃん』(作:よしたけまさる)
 
町中が愛するおばあちゃんが店主の駄菓子屋さんがありました。
 
野球大好きのマサル君、でも、教育熱の激しい父の方針で、
 
野球はさせてもらえず、毎日塾通い。
 
なんかイライラが募ってさ・・・ちょっとした出来心で万引きしてしまいました。
 
罪悪感かんじながらも、
 
でも、悪いコトしてるドキドキ感と、
 
ちょっとした青春テースト感じつつ、
 
どんどん量が増えていっちゃって、
 
終い目に友達まで巻き込んだりして・・・。
 
数ヶ月後、長らくみんなに愛された店は閉じられました。
1. 立て続けの”万引き”によってかよらずか、経営が逼迫してたのと、
2. もともとあまりよくなかったおばあちゃんの体調が悪化したこと

閉店の理由だったそうです。

町中のみんなが悲しみました。
(★このお話は完全なるフィクションです。)








・・・。






誰に"天罰"が下ったのでしょうか???

さーみんなで考えよう!!!

少なくとも、"天罰"が下ったのはおばあちゃんではない!!!

「悪いコトやってるな」って思いつつ万引きし続けたマサル君ですか?

重い十字架を背負ってしまったもんね・・・。

当然だよね・・・。彼は頑張るしかないです。

マサル、十字架背負ってがんがれ!!!

ちゃんちゃん♪











いやいやいや・・・。

これで終わったらあかんやろ?

マサル君は当然"天罰"を背負わなくちゃいけませんが、

忘れたらダメなのは、

おばあちゃんのお店が好きだったにも関わらず、

おばあちゃんにしっかり支えて上げられなかった

無数の町人たちですよ!!!

みんな、自分の目先で一杯一杯。

おばあちゃんのことなんて考えたこともなかった。

中には、「おばあちゃん、体調悪いな・・・」

「ちゃんと話を聞いてあげなくっちゃな・・・」

って思っていた人もいたかもしれませんよ。

あー、でもその人も同罪!!!残念!!!

ある意味、おばあちゃんを想いながらもアクションに移せなかった、

アクションは移したけど、力が足りなかった・・・。

気づいていて、なんかグッサリ重みを感じている町人たちが、

"天罰"を"使命"にかえ、今後の町づくりにいかしていかなくてはいけないでしょう。

















石原都知事の"天罰"発言、

批判するのはいいですよ・・・。

何を思って、言ったのか、それは彼しかわからない。

でも、残念ながら、私からしたら、それは、ど真ん中、どストレートに正論。

何度考えても"正論"!!!

彼は被災地の方々に"天罰"が下ったなんて言ってませんから!!!(たぶん・・・)

ちゃんと説明しないのは、

”小学生ぢゃねーんだから、これでわかってくれよ!!!”

”わからないんだったら、とりあへず謝るけど、もう知らんわ”

ってことじゃないんですかね?

石原氏のことはおいといて・・・















"天罰"は私に下りました。

そして、私に耳を傾けてくれる、あなたに下りました。

国を本当に憂いて、命をかけて闘ってるけど、

うまく影響を及ぼせなかった政治家さん、

当然、その人たちにも下ってます。

今、この"苦しみ"を共有して頂ける人は、

今回の大震災、津波、原発の一連の流れを

今一度、"駄菓子屋"のお話に当てはめてみてください。

そこで、今、今一度、

自分にできること、いや、しなくてはいけないこと。

考えましょう!!!

日本全国そうだけど、

特に、千葉県、ここはズブズブです。

はっきり言って行政終わってます。

もちろん、国政を見ても、まったく同じ。

たくさん課題あります。

しかし、国民も事が起こって知らなかったではダメだと思う。

自分で考え、知ろうとしなくちゃ、動かなくちゃ、

愛すべき人を守らなくちゃ!!!

震災が起こってから、ずっと考えてます。

ずっとグルグル考えています。

真剣に考えてます。

そして、何年かかるかわからないけど、

その準備が整ったとき、

この日記を読んで下さった方のサポートが必要になります。

ステキな青写真、みんなで描き、実現出来る明日を必ず・・・。


yoshitakemasaru at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)